自己分析のフレームワークなんて必要ない、これ1つやればね

大学

フレームワークなんてめんどくさい!

てか、本当に効果あるの?

 

就活をしていたときの僕はこんな風に思っていました。

 

自己分析の本を買っても、長すぎて途中でやる気がなくなってきますよね、、、

 

そんな僕と同じめんどくさがり屋に朗報です!

よくあるフレームワークなんてしなくても天職に出会えました!

 

【本記事の内容】

  • 自分を知るために必要なたった一つのこと:好きな動詞を見つける
  • 好きな動詞の見つけ方
  • ぼくが実際にやった具体例を紹介
スポンサーリンク

自分を知るために必要なたった一つのこと:好きな動詞を見つける

就活で最も大切なことは、「会社を選ぶのではなく、会社に入って何を身に付けるのかを選ぶ」ことです。

 

  • 有名だから
  • 給料が高いから
  • 親が勧めるから

 

こういった目先のことではなく、10年後、20年後に本当にあなたが身に付けるべきことを考えてください。

 

好きなことを選ぶ

ここでいう「好きなこと」というのは、野球・カバンといった名詞ではなく、伝える・仲間をまとめるといった動詞のことです。

 

仕事をするということは、誰かに価値を提供してその対価としてお金をもらうことです。

 

ここで提供する価値は、相手が持っていないモノであることが前提です。つまり、自分の方が優れていることや得意なことです。

 

そして、自分の好きなことが得意なことである可能性が高いです。

 

「好きなこと」が身に付く会社を選ぶ

好きなことが見つかったら、それを磨くことができる会社を複数探してください。

 

ぜひ、会社に選ばれる人ではなく、会社を選ぶ人になってください。

「好きな動詞」の見つけ方

ペンとノートを用意して、「好きなことってなんだろう?」、「得意なことってなんだろう?」と考えて浮かべばいいですが、なかなか出てこないと思います。

 

そんなときは、いろいろなことに挑戦してみてください。

 

  • 恋愛
  • バイト
  • 海外旅行
  • スポーツ
  • ボランティア

 

こうしていろいろやっていく中で、「なんか嬉しいな」、「これなら続けてたい」ということがあればそれがあなたの「好きな動詞」です。

 

いろいろなことに挑戦している時間はない

いろいろなことに挑戦している時間なんてない!

挑戦してみたけど、好きなことなんて全くなかった!

という方には、自分の性格を診断してくれるツール「キミスカ適正検査」もあります。

 

 

 

こんな感じで自分にどんな仕事が合っているのかを教えてくれます。

ビジネス戦闘力が分かるのもおもしろいです(笑)

 

検査は10分くらいで終わります!

 

キミスカ適正検査の使い方

①「キミスカ公式サイト」へ移動し自分の卒業年度を選択し登録する。

キミスカ登録1

 

②登録が完了したら「基本情報、プロフィールを入力する」に進む。

キミスカ登録2

 

③基本情報、プロフィールを入力が完了したら「マイページへ」に進む。

キミスカ登録3

 

④「適性検査」から検査を受ける。

キミスカ登録4

 

⑤検査が終わったら再び「適性検査」をクリックすると結果を見れます。

 

参考:ぼくの天職の見つけ方

ぼくの天職はWEBマーケティングです。

 

この天職に出会うまでの経緯はぼくのプロフィールに書いてあるので、参考にしてみてください。

99%の人は行動しない

おそらく、ここまで読んでくれた方の99%は行動しないまま終わります。

上位1%に入れるかどうかは、あなたが行動するかどうか。それだけです。

 

直前で就活本を買って、よくあるフレームワークをやって、ありきたりな志望理由を作って、、、これでは内定はとれないですし、仮にとれたとしても本当に自分にあった会社ではないので、入ってから苦労します。

 

就活を必ず成功させたい!勉強では負けたけど就活では見返したい!と思う方はぜひ、行動に移してみてください。

 

キミスカ適正検査を受けてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました