読書が苦手な人にKindle Unlimitedをオススメする3つの理由

大学
みに
みに

・Amazon Kindle Unlimitedってなに?

・お金かかるの?

・どこがいいの?

・デメリットは?

 

など、スマホ1台で本を何冊でも読むことができるAmazon Kindle Unlimitedについて、4か月利用したぼくが解説します。

 

実際のところ、ぼくは4か月の無料期間だけで利用を辞めました。その理由は後ほど紹介しますが、結論だけ言っておくと、数か月だけ利用するのがベストです。

Amazon Kindle Unlimitedとは?

Amazonが提供している、月額980円(税込み)の電子書籍の読み放題サービスです。(30日間の無料体験あり

200万冊以上が読み放題で、スマホ、タブレット、PCなどから利用できます。

 

ジャンルも様々で、

  • 小説
  • ビジネス本
  • 実用書
  • コミック
  • 雑誌
  • 洋書 など

幅広いジャンルから好きなだけ楽しめます。

 

Amazonプライムの特典、プライムリーディングとの違い

年額4900円のAmazonプライムに加入していれば、「プライムリーディング」が追加料金なしで利用できます。

 

プライムリーディングはKindle Unlimitedと同じようなサービスですが、対象作品数が全然違います。

 

  • Kindle Unlimited:200万冊以上
  • プライムリーディング:1000冊

 

ぼくはどちらも使ったことがありますが、プライムリーディングに読みたいと思える本はありませんでした。。。

Kindle Unlimitedを30日間無料体験する

Amazon Kindle Unlimitedをオススメする3つの理由

  • 気になった本はお金を気にせず何冊でも読める
  • 今までムダにしていた時間で読書ができる
  • スペースをとらない

気になった本はお金を気にせず何冊でも読める

Kindle Unlimitedを使う一番のメリットは、月額980円(税込み)を払えば何冊でも読み放題ということです。

「何冊でも読み放題」っていうだけでもおトク感がありますが、僕はこれを上手く使うことで年間300冊読める読書術を身に付けました。

 

コレはやってはいけない!本の読み方

読書が苦手な人は、こんな経験をしたことがありませんか?

 

将来のためにも本を読んでおくか!と意気込んで本を買い、初日はやる気があるので50ページくらい読む。2日目は10ページ、3日目は、、、といった具合にだんだん読まなくなり、1500円もした本は部屋のスペースを奪うゴミと化す。

 

昔のぼくがまさにコレでした。(笑)

 

この原因は、最初から最後までキッチリと読もうとしている、つまり、本を読むことが目的になっていたことです。

 

本を読む本当の目的

本を読む本当の目的は、

  • 社会人になるし、税金について勉強しよう!
  • 話すのが苦手だから話すのがうまくなる方法が知りたい!
  • 人間関係がうまくいっていない、、、何かいい方法はないか?

のような感じで、「不満や課題があって、それを解決するため」であるはずですよね。

 

本は全部読まない

自分が抱えている問題を解決できそうなタイトルの本を選ぶわけですが、その本を最初から最後までキッチリ読むのはNGです。

 

なぜなら、その本に書いてあることすべてがあなたに必要なこととは限らないからです。

 

自分に必要のない部分を読んでいると、つまらなくなってきますし、時間がもったいないです。

 

それを回避するために、まずは目次だけを読んで、「ここを読めば、自分の課題を解決できるぞ!」という章を見つけて、その章だけを読みます。

 

全部読まないのはもったいない

とはいえ、1500円も出して買った本なのに、一部しか読まないってなんだかもったいないですよね。。。

 

なので、結局全部読もうとするけど読み切れず、結局ゴミと化すわけです。

 

その点、Kindle Unlimitedは読み放題なので、もったいないと感じることなく「必要な部分だけ読む」ことができます。

 

読み放題はトレーニングに最適

目次だけ読んで、本の中から自分に必要な部分を探すのにはある程度のトレーニングが必要になります。

 

Kindle Unlimitedはこの点でも優れています。

ストアで人気作をチェックしてみる

今までムダにしていた時間で読書ができる

通勤、通学の時間や休憩の時間など、ついスマホを触ってしまう時間ってありますよね?

 

Kindle Unlimitedはスマホで読むことができ、ダウンロードしておけば通信料の心配もいらないので、この時間が全て読書の時間になります。

 

本を読めば収入が上がる

1ヵ月の読書量
“文科省:平成 30 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要”より作成

 

文科省が行った調査によると、16歳以上で約50%もの人が全く本を読んでいません。

 

また、読書量と年収を関連付けるデータとしてこんなものがあります。

年収別本の購入費
“ビジネス勉強会|読書量と年収は正比例する”より作成

 

これによると、読書量が増えると年収が上がっていくということが分かります。

スペースをとらない

紙の本、最大の悩みである収納スペース。Kindle Unlimitedであれば、スペースゼロで済みます。

 

勉強のためにたくさん本を読むほど、部屋のスペースが埋まっていく…。

引っ越しするときに本が重たすぎる…。

 

Kindle Unlimitedであればこんな心配はないですし、言ってしまえばスマホ一台に本屋をいれて持ち歩けるようなものです。

Kindle Unlimitedのデメリット:世界的なベストセラー本がない

これが、僕がKindle Unlimitedを解約した理由です。

 

ホリエモンさんやキンコン西野さんの本など、有名な本も多数ありますが、世界的なベストセラー本は基本的に読めません。

 

ろぼ
ろぼ

世界的なベストセラー本は無料にしなくても売れるからね。。。

 

読みたい本は4か月で読みつくした

Kindle Unlimitedは30日間の無料体験に加えて、Kindle Paperwhiteという電子書籍を読むための専用のタブレットを買うと、3か月の無料体験がついてきます。

 

 

ぼくはこの合計4か月の間、Kindle Unlimitedを無料で使い、有料になる直前で解約しました。

 

その4か月間で、Kindle Unlimitedで読める読みたい本を読みつくすと同時に、「目次から自分に必要な部分を探す」トレーニングも同時に行いました。

 

これがぼくのオススメする、Kindle Unlimitedの使い方です。

 

まずは、30日間の無料体験を使って自分に合うか合わないかを試してみるのがいいと思います。

 

もちろん、30日間で解約すれば完全無料です。

読書を習慣化するには手間を省くことが大切です

本屋に行って本を買って、家で時間を作って本を開いて、、、と本を読み始める前に手間がかかると、なかなか本を読む気になれません。

 

Kindle Unlimitedであれば、移動時間やちょっとした休憩時間など、スマホがあれば読書をすることができます。

 

こうやって、少しずつ少しずつ、最初は1日5分でもいいので毎日続けて、習慣化することが大切です。

 

本を読むのは苦手だけど、読書の習慣をつけたいな…という方は、まずは30日間の無料体験でKindle Unlimitedを使ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました